2011年12月04日

U.C.Berkeley校

University of California Berkeley校といえば、
言わずと知れた北米にある超名門大学。
サンフランシスコからほど近い、バークレーという街にあります。
名門校だけあって、校内の景観も素晴らしく、
天気の良い日には絶好の散歩コースです。

てなわけで、とある日曜日の昼下がり、
散歩がてらパチリ、パチリ。

B04.jpg

橋の下を小川が流れ、鳥がさえずり、木の葉散る…
大学のキャンパスというよりは、ちょっとした緑あふれる公園ですな。

B03.jpg

立派な校舎! 絵になります。

B02.jpg

もういっちょ。

B01.jpg


posted by graphicworks at 00:48| Comment(3) | サンフランシスコ郊外の街

2011年12月02日

波乱爆笑 留学&就職物語 そんなこんなで仕事してました イン サンフランシスコ

長いタイトルで大変恐縮ですが、12月1日に主婦の友社より、
とうとう新刊が発売されました。
それに伴い、編集の方から
「発売一ヶ月前からブログを始めてくださいな」との提案があり、
そんなこんなで早速このブログを立ち上げてみたのですが
なかなかどうして、わたしは日記及びブログ的なモノが続かないタチでして…。
mixiもFBもあっちゅー間に自然消滅させちゃって
(FBはどうにかこうにか連絡網代わりに使ってるけど)、
数ヶ月に一回アップデートすればいい方なんです。
でも、ま、しかし本を出版するにあたり、
大変多くの方々にお世話になったわけで、
こうなったら恩返しする意味も含め、
ここは一つとにかくブログをがんばっていきたいと思っとります。

たぶん、かなりマイナーなこのブログに辿り着いた方々がいらっしゃったとすれば、
それはきっと本を読んでくれたに違いなく、
まずは大変ありがとうございましたと、心からお礼を申し上げたいと思います。
「なんだかなー」と、いまいちピンと来なかった人も、
「面白かったぞ、おい」とゆー人も、
一つの留学&就職の参考例として、笑っていただければ幸いです。

mybook.jpg


posted by graphicworks at 17:51| Comment(1) | 日記

2011年11月27日

寒いんだか、暑いんだか…

夏のサンフランシスコといえば、寒いです。
はっきり言って、油断するとあっさり風邪ひき小僧になってしまいます。
昼間はカリフォルニア特有の強い陽射しで、
まだ暖かく感じることもありますが、
そもそも港町であり、やたらと坂も多いので
吹き上げる風といいましょうか、
とにかく冷たい風が結構、体温を奪います。
で、夕方になると霧が街一面を覆い始め、
幻想的だな〜などと、のんきに構えていると、
やっぱり風邪をひきますので、気をつけて。

そんな寒いサンフランシスコですが
ひとたび長距離列車カルトレインや車などで
30分〜1時間も郊外に出ると、あら不思議。
そこには誰もがテレビで見たことのあるような
絵に描いたみたいな陽気な西海岸の風景が広がっています。
暖かいというよりは、じりじりと脳天が焼けるような強い陽射しの中、
椰子の木が見事に生い茂り、人々は半袖で、
自転車やローラースケートでスイスイ滑っちゃったりなんかして。
もちろん夜になっても、この陽気な暖かさは続きますので、
ジャケットいらず。
車でたった1時間程度でこんなにも気候が違うなんて、
海外って不思議です。

mo01.jpg

mo02.jpg


不思議ついでにもう一つ。
上の写真はシリコンバレーにあるマウンテンビューという駅で
サンフランシスコ市内の駅からカルトレインで約1時間ちょい、
まあまあ遠いエリアですが、一応同じベイエリア内です。
で、下の写真はサンフランシスコとマウンテンビューの中間地点にある
パシフィカという海沿いの街の風景。
同じ日に撮影したとは思えないほどの霧の濃さで、ハンパなく寒い。
山のてっぺんから降りてくる霧は、ほとんどドライアイスで、日本の真冬並みの寒さ。
さらにパシフィカ近郊の街、デイリーシティなんぞは
一面真っ白で、ほぼ雲の中です(行ったことないけど)。

一日で夏と冬を同時に体験できる西海岸の旅、
念のため、ジャケットと風邪薬は忘れずに。

pa01.jpg

pa02.jpg


posted by graphicworks at 19:23| Comment(0) | サンフランシスコ郊外の街